シュシュ二つめの誕生日かな・・

c0138069_203118.jpg

シュシュがヘルニアになり手術をして丁度1年が経ちました。
1年前のシェリーの誕生日(8月19日)に、ヘルニアを発症し、不安な中23日に手術を受けたのです。
病院を検索しておいて良かったと思いました。
愛甲石田動物病院、これはシャルルの為に探していた病院でした。
先にシュシュが先生の手術を受けて・・・
ヘルニア「ハンセンⅠ型 グレード4」手術を受けてしばらくの入院。
下半身麻痺の状態だったシュシュが、退院時走って出てきた笑顔は昨日の事の様に思い出せます。
入院し、少し大人になったシュシュがちょっと寂しく感じたりしましたが、今は入院前のシュシュに戻っています。

さて・・1年が過ぎ現在のシュシュですが
歩いている時は、少しバランスが悪いですが問題はありません。
走ると、後ろ足を使わなかったり、右の後ろ足が擦れたりします。
でも足に傷ができないという事はギリギリOKです。

しかし排尿障害は残りました。オチッコは自分で出来ますが、終わるまでトイレの上にいないのです。たぶん・・・出ている事を感じていないのかな・・・
外でも歩きながらオチッコをしています。
なので家では、シュシュのオチッコ絞りをしています。自分でトイレに行くと後をついていき、残った尿を絞るなど。シュシュには迷惑な事なんですが、うちの中でオチッコの道が出来ると困りますので。
またマナーベルトも必須となりました。我慢できないのか、ハウスで排尿してしまう時があり、マナーベルトをしていれば、出てしまってもシュシュの汚れは最小限で済みますからね。
この事について、大変ではありますが・・全て私たちの都合ですので、問題ないです。
シュシュが自分で歩ける様になり、以前の様に自分で何でも出来る事はとっても嬉しいです。

ヘルニアの「グレード4~5」は手術対象の症状で、またその状況は「脊椎損傷」を起こしているそうです。ダックスの場合は、ハンセンⅠ型で、椎間板が破裂してしまうので、行き場を失った椎間板物質は脊椎に当たり、神経を傷つけ損傷を起こすのです。その衝撃が大きい程、障害も大きいのだと思います。

現在では48時間は重視しなくてもいいと先生は言われました。
(48時間の壁は30年前のデーターだそうです。その事を一番に話される先生は本当に勉強されているのでしょうか?)
しっかり勉強されている先生であれば、数日経っていても手遅れではありません。
ですので私の経験から、みなさんもしっかり病院を探しておきましょう。
近所のかかりつけの先生も大事です。その先生がすべて行える病院であればよいでしょうが、開業医では限界もあります。また先生の経験も大事なので、セカンド・サードオピニオンもかかりつけの先生に相談できる様になっておきましょう。
先生に遠慮する事はないと思います。それがいつでも出来る様に、普段から先生に自分の考え方を話しておく事も必要です。可愛い我が子の命を守る事を一緒に考えてくれる先生が、かかりつけの先生だと私は思います。

そして・・やはりペット保険に入っておいたほうが良いと思います。
我が家は頭数多く、入っていないのですが・・・
医療費は莫大です。少しでも保険で補える事はとっても有難いと思います。
可愛い我が子の治療費。。普段から貯金も必要ですね・・

シュシュのヘルニア1年に思うあれこれです。
[PR]
トラックバックURL : http://ninedachs.exblog.jp/tb/14990770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぴーこ at 2010-08-23 10:32 x
本当に月日が経つのはあっという間ですね。
私もラスティーが歩けなくなった日をつい先日のように
感じますが、もう3年が経ちました。
ママをはじめたくさんの人に励ましてもらい
現在の元気なラスティーがいることに
毎日感謝です。

今、元気でいるからこそヘルニアの恐怖と不安で毎日
泣いて過ごした日々を忘れてはいけないと思っています。
きっとふと気が抜けたてしまった時にまた誰かが
あの日のようになる気がして・・・

私の中ではヘルニアの4文字は今でもトラウマですから。

これからも我が子の健康に気をつけるのはもちろん
自分も健康であり、どの子にも隅々まで目が行き届く
環境を維持し続けなければと思う毎日です。

保険・・・我が家は入っていますが、かなり助かってます。
しかし4ワンでも私のお小遣いは厳しい状況です。
その他積み立てやら、日々の生活用品やら・・・
私はワンズのために働いている感じ。
というより、彼らがいるから仕事をがんばれているのです。
Commented by dori-9dachs at 2010-08-23 21:54
★ぴーこちゃんへ★
本当、この1年はあっという間でした~
シュシュは本当にラッキーで、ここまで回復してくれて、何も言う事はありません。全く動かなかった足が、ほぼ元通りになりました。
ヘルニアはダックスにとって掛かりやすい病気と解っていても、
「でも家のこはならない」とか「大丈夫」とか。。勝手に思っていたよね。ヘルニアになるまでは・・・

これからも、病気やケガで苦しまないで過ごせる様にと願ってしまうね。
穏やかな時間がいつまでも続くように、頑張ろうね。
保険・・・本当、入っていた方がいいよね。泣~~(v_v)
Commented by チョコ&クッキーママ at 2010-08-24 09:59 x
毎日の時間の流れは本当に早いものですね。
シュシュ君も今元気でいることが一番!
doriさん一家の愛情は、ワンコ達も私達も十分わかっていますよ~。

我が家はB&Tの4歳の女の仔を迎えることになりました。
クッキーが逝ってしまってからずっと考え悩んできました。
ヘルニアの怖さは十分、そして今もわかっています。
お金も手もかかるし、何よりワンコにかわいそうな思いを
させてしまいます。
・・・でも、やっぱり心のよりどころとしてのワンコの存在は
何よりも勝るかな・・
そして一人(犬)で寂しそうで日々甘えっ仔になるチョコを見て、
もう一匹飼ってみようかとずっと考えてきました。

クッキーへの思いと、そして、ジュリちゃんのような愛らしい仔が
いいな、と飼うならB&Tと思い、ブリーダーさんのところで、
一番おとなしかったカニンへンの女の仔を選びました。
家庭犬としてのしつけがされていないので当分大変ですが、
また楽しい毎日になりそうです。
・・・と言うか・・、普通のワンコに触れるの、2年半ぶり(?!)
ぴょんぴょん跳ねるのが不思議な感じで、少し怖いかな。
また楽しいお話が出来るといいですね!
Commented by dori-9dachs at 2010-08-24 23:10
★チョコ&クッキーママさんへ★
今日は嬉しいお知らせ、ありがとう~
またステキな出会いがあったのですね!
大丈夫ですよ!!きっと元気な女の子が~
女の子は人と同じで、大人になると落ち着いちゃうから・・きっとまた新しい発見がいっぱいだと思います。

お互いワンコの介護から離れる事はないけど、だけどその中にも素敵な事があって、幸せもいっぱいあるよね。特別ではないのだけど、平凡がどれだけ素晴らしいか・・そんな事が改めて思えたり。

これからのクッキー君が楽しみ!お兄ちゃんになるのかな?
またお写真、見せて下さいね。楽しみにしています。
Commented by えいきち at 2010-08-30 16:38 x
もう1年ですか、早いものですね。
えいきちも、あっという間に発症から3年経ちました。

今のシュシュ君の症状、ほぼえいきちと同じですね~。

えいきちも、手術前は前足でしか歩けなかったから、ここまでの回復でも私達にとっては充分ですけどね☆


ちなみに、シュシュ君は後ろ足で耳を掻けますか?

えいきちは掻こうとするんですけどほとんど足が上がらなくて、その度にもどかしい顔をするんです。

その姿を見たら、私が耳やら顔をワシャワシャ掻いてあげるんですけど、自分で痒いところを掻けないのはやっぱり可哀相ですね。
Commented by dori-9dachs at 2010-08-30 19:49
★えいきちさんへ★
もう1年が過ぎました~あっという間でした。
ここまで回復出来た事を本当に嬉しく思います。

シュシュはなんとかかけるかな~今では、後ろ足でたっちもしちゃうし。。本当に懲りないみたいです。

シュシュやシャルルが痒いところに手が届かない時、パパが「ここか?」って掻いてあげています。
それもワンコには満足なんでしょうね~
by dori-9dachs | 2010-08-23 00:00 | シュシュのヘルニア奮闘記 | Trackback | Comments(6)

下半身麻痺のシャルルを支えるダックス達とその家族  タイトルは以前、雑誌記者から頂いたお言葉です


by dori-9dachs
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31