退院しました

天気予報も外れ、雪の心配もなくなり7日は退院日和となりました。

朝からお迎えに行ってきました。
すき家に寄って(笑)充電完了。
どんな感じかな〜?と想像しながら。

病院についてしばらく待っていたら、名前呼ばれて〜診察室に入ったらシンディ、キョロキョロしていて、なかなか目が合わず。やっと私達を見つけた瞬間、シンディの頭には???って感じでした。

1月25日、一度ヒン…と小さな声で鳴いたシンディ。その時から心配が始まりました。でもその後普通に過ごせていたので様子を見ることにしていました。
しかし27日ご飯の時、食器が鼻の頭にあたり、ヒン‼︎と大きな声で鳴いてから…やっぱり心配が大きくなり、週中から動きもゆっくりだし、他のワンコとこ接触を嫌がり食べるか寝るかしかしなくなりました。

2月1日、いつもお世話になっている神奈川の病院へ。
神経学検査では異常無かったのですが、心配は全部消して帰らないといけないので、詳しく検査もして頂きました。
そしたらこんな事に。
c0138069_21293252.jpg

c0138069_21293561.jpg


頚椎の4〜5番の間から、にっくき椎間板物質が飛び出していました。
首の神経が通る頚椎は、腰椎に比べると、太くなっているのでこれだけ椎間板物質が出ていても麻痺は現れません。腰なら、確実に後ろ足に麻痺が出ているはずです。
でもこな状態で様子を見ていたら半年以内に4本の足全部に麻痺が出るそうです。頚椎の場合は麻痺が出てからの手術だと快復率は50%と低くなるそうです。
『こんなになっていたのね…痛かったね』
先生に手術をお願いして、その日1日の午後に手術をして頂きました。
入院中経過も良く、7日に退院となりました。
c0138069_2129369.jpg

c0138069_2129368.jpg

症状が無かったのでシンディは元気です。
帰ってお家の中をぐる〜っと走っていつもの様にみんなの中へ。
みんな、あれ?どうしたの?みたいな、いなかった事も気づいていなかったのに、病院の匂いをまとったシンディにひっつき虫。確認作業が終わればいつものみんな。
良かった、良かった。
なんとなく落ち着かないシンディですが、抜糸まで2週間あります。
完全復活出来るよう、自宅療養頑張ります。
c0138069_21293728.jpg

安心して眠っている顔です~ご心配なく(笑)
[PR]
トラックバックURL : http://ninedachs.exblog.jp/tb/23465188
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by dori-9dachs | 2015-02-08 23:28 | シンディ | Trackback | Comments(0)

下半身麻痺のシャルルを支えるダックス達とその家族  タイトルは以前、雑誌記者から頂いたお言葉です


by dori-9dachs
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31