ご報告

私の身体の一部だった様なシャルルでしたが、10月8日明け方、静かに旅立ちました。
私達に何も告げずに…
目覚めた時、既に旅立っていて、まだ温かな身体で穏やかな寝顔でした。

シフォンの17歳のお祝い以降、徐々に体調が悪くなって行きました。食欲も落ち、血液検査の数値も悪くなる一方で。
もう検査はしない。残された時間を出来るだけ一緒にいたいと思うようになりました。
食べたり食べなかったり…毎日が綱渡りでした。それでもシャルルは、懸命に私達の思いに答えてくれていました。

10月に入ってからは、食事は殆ど食べなくなりました。主人が仕事から帰ってみんな、オヤツタイム。
それには最後まて参加していましたが、食べたくても食べられなかったり、ほんの少ししか食べられなかったり…
ほんの少しでも食べてくれた時は、すごく嬉しくて…まだ大丈夫⁉︎とか、自分に言い聞かせていたのかも知れません。
10月6日には、点滴だけの生活となりました。何でもいいから、食べて欲しくて考えられる物をあれこれ用意して…目に力は感じられたし、この時期を頑張れば、また少しは一緒にいる時間が延びる…そんな事ばかり考えていました。終わりは考えない。そんな私でした。
8日に日付が変わった深夜、シャルルにおやすみ、また明日ね。って声をかけて…それが最後に掛けた言葉でした。その時も、しっかりした目でアイコンタクトはありました。
家族には、もう時間はない…そう話していたので、みんな代わる代わる、どんな時も声を掛けていました。
頑張ってという言葉は、もうシャルルには言い尽くしていたので、みんなシャルルを褒めて、褒めて優しく優しく話しかけてくれました。
シェリーの時の様に、ありがとうが言えなかった、
みんな思っていても、その言葉を掛けると終わってしまう…きっと、そう思っていたと思います。
みんなが揃った祝日の朝、シャルルはみんながいる事を確認して、旅立ったのだと思います。

シャルルは4歳目前に、下半身麻痺となりました。
そんな身体で12年8か月を過ごしました。
不自由ではあっても、不幸ではないと言ってもらえた時、心が救われました。
健常であったら、きっと知り合えなかった沢山の方々と、心通わせる時を持つ事が出来ました。
沢山の方々にお世話になり、応援していただき私達家族は本当に感謝致しております。
シャルルも、不自由な身体ではありましたが、元気に車イスを乗りこなしていました。外では車イスを身体の一部として、段差も乗り越えてすごいスピードでどんな時も笑顔で、過ごしてくれました。
シャルルより後から不自由になったワンコの応援も出来ました。
シャルルはいつも「今」を受け入れ、期待や可能性にこたえてくれました。
シャルル本意ではなかったかも知れませんが、私について来てくれた事に、本当にありがとうの一言しかありません。

シャルルがいない毎日、みんなが寝静まった夜、シャルルのオムツを作り続けた12年8か月。今はその必要も無く、早く寝ればいいのに、時間を持て余す自分がいます。
昨年秋頃から、毎夜点滴をして過ごしたこの1年。シャルルとの時間が濃密で、何気ない瞬間瞬間の思い出があります。寂しさは有りますが、涙は有りません。何故か分からないけど…

シャルルという車イスに乗ったらダックスがいた事を覚えていて下さると、嬉しいです。

7日夜の写真。目力がしっかり!シャルルは、最期まで強い子でした。
c0138069_14575090.jpg


6日夕方、最後の散歩。シャルルは半分横になったままの散歩でしたが、写真撮ろう!って声をかけると、背中をのばしてしっかり座ってくれました。その時、この景色を焼き付けていたのかな…
c0138069_14575242.jpg


[PR]
トラックバックURL : https://ninedachs.exblog.jp/tb/29812225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chocohimi at 2018-10-24 18:38 x
シャルルちゃんの記事を読んで いてもたっても居られず、初めてのコメントをさせて頂きます。

謹んで心よりシャルルちゃんのご冥福をお祈り致します。

うちにも5才の時より下半身麻痺になり車椅子を使用していたダックスの女の子がいました。去年、14才でお空へと旅立ちました。
下半身麻痺になった当時に、ネットでブログ等を駆け巡り そんな時にシャルルちゃんとも出会いました。
本当にたくさんたくさん力をもらいました。
うちも色々頑張ってきましたが、その時その時の「今」を受け入れ 笑顔で過ごせるようになったんです。
本当に有難うございました。

シャルルちゃん、どうぞ安らかに…☆☆☆

四十九日が終わって 虹の橋の袂へ行った時には、うちのチョコが声をかけるかもです(^^ゞ
その時はよろしくお願いしますね。
Commented by プモマー家一同 at 2018-10-24 21:48 x
シャルルちゃん、お疲れさまでした。
シャルルちゃんとプッチは、同じ4歳でヘルニアになって、
車イスに乗って、針治療も一緒に受けて、同志でしたね。
オムツ生活、点滴生活、黙って旅立ったところまで一緒。
今頃、「久しぶり~」って挨拶してますね。
わたしも、点滴したりすることもなくなり、フードの減りも遅くなり、
寂しいけど、悲しくはないです。
シャルルちゃんもプッチも、よく頑張ったなぁ…。
きっと神様にもたくさんほめてもらってますよ。
ママさんもお疲れさまでした。

Commented by dori-9dachs at 2018-10-25 06:56

> chocohimiさん
初めまして。拙くなかなか更新しないブログを見て下さっていたのですね。本当にありがとうございます。
シャルルを見守って頂き、感謝しかないです。

シャルルが車イスを使い始めた頃はまた珍しく、色々な思い出があります。
でもシャルルがママさんやご家族様の応援が出来ていた事、本当に嬉しいです。
「今」を大事に、そうでしたね。今が楽しければ、きっと明日も楽しいはず。そう思ってきました。
同じ身体で頑張った2人は、必ず会えますね。元気な身体になって、走り回っていると考えるだけで、嬉しくなります。
チョコちゃん、どうぞ空の上で仲良くしてやって下さい。
9ワンの中の9番目でしたので、甘やかしていました。ワガママいっぱいですが、よろしくお願いします。
Commented by dori-9dachs at 2018-10-25 07:02
> プモマー家一同さん
ママさん、遂にシャルルも、空へ上がって行く様です。
思い起こせば、鍼や治療の病院が初めてお会いした時でしたか?
プッチちゃんとシャルルは、本当に頑張りましたね。プッチちゃんも、いつも笑顔で走っていたのを思い出します。「同士」ほんと、そうです。

もうすぐしたら、シャルルも虹の袂に到着しますから、もう少し待っていてね、プッチちゃん。

シャルルのお世話の時間が空いた分、上手に使えるまで、少し時間がいるみたいです。
お互い、燃え尽きた!のでしょうね。(^^)
残るワンコ達と、楽しく過ごしていきましょう。
またいつか、お会い出来る日があると、嬉しいです。
Commented by mbrm at 2018-10-25 12:33 x
お久ですシャルルちゃん虹の橋のたもとにいきましたか、うちのリキ&まりん&アトムも17歳前後して旅立ちましたみんな幸せな犬生楽しく生きたと思います。今は新しく真っ黒クロスケのブラックソリッドの まりも♀1歳5ヶ月1頭と楽しく過ごしてます。シャルルちゃんも大事にされて幸せに旅立ち、虹の橋からみんなを笑顔で見守ってくれてると思いますみなさんお元気でよろしくです。(^ー^)
Commented by dori-9dachs at 2018-10-27 01:22
> mbrmさん
ご無沙汰しております。覚えていただいていたなんて~うれしいです。
やっぱりお別れはつらいですね。
でもこうやって、幸せだったねと言っていただけるのは、本当に幸せです。
みんな空組さんになり、寂しい思いですが、我が家はまだ4シニア!頑張ります。
Commented by まいまい at 2018-10-27 16:42 x
シャルルちゃん
私達は
「ありがとう! 」と伝えたいです。
ひなが下半身麻痺になった時 シャルルちゃんから たくさんの勇気をもらいました。
本当に感謝しています。

うちは リンパ腫が見つかり 今日から抗がん剤が始まりました。
去年の胃ろう造設の時も 不安でしたが シャルルちゃんの勇気を受け継ぎ また頑張ろうと思います。
doriさんも お疲れさまでした。
お身体 ご自愛下さい。
Commented by dori-9dachs at 2018-10-28 01:15
> まいまいさんへ
シャルルに優しいお気持ち、ありがとうございます。
シャルルがまいまいさんご家族に、元気をお分けできていたのなら、本当に嬉しいです。
誰かのために、シャルルの今があるとずっと思ってきました。
でもその誰かは、私だったのですが・・
ひなちゃん、本当に頑張っていますね。
いっぱいいっぱい褒めてあげてくださいね。
シャルルの元気は、ひなちゃんにバトンタッチ!
前しか見ないワンコ達だから、私たちはしっかり後ろに立って、その時、その時のベストを頑張ってください。間違いは絶対ないとおもいます。ひなちゃんを思って、皆さんが決めたことを、ひなちゃんは全部受け入れ頑張ってくれますから。応援しています。
辛くなったら、シャルルの事思い出して、ちょっと深呼吸してくださいね。
いつでも、私はここにいます。
Commented by lemoso at 2018-11-03 14:35 x
久々にブログを覗いて観たら、、
シャルルちゃんが、、

シャルルちゃん、お疲れ様でした。
そしてありがとう。
シャルルちゃんから沢山の元気を貰いました。

今、レモンも闘病中です。
2度のヘルニアの手術は乗り切ったものの、
4月に膵臓に腫瘍が見つかり摘出。
そして、今、肝臓とリンパ腫に腫瘍が。

最近では食欲もなくなり、点滴と強制給餌。
d o r iさんの何か食べれるものを探す毎日、、にとても共感します。

お陰様で少しずつ、食欲も戻ってきましたが、体はガリガリのままです。

残された時間を大事にしなければ、、
また、一層強く思いました。
Commented by dori-9dachs at 2018-11-05 00:51
> lemosoさん
驚かせてしまい、申し訳ありません。
シャルルがママさんを少しでも元気にしていたのなら、こんなに嬉しい事はありません。
どうか、シャルルの事、覚えていてやってください。

レモンちゃんも、いっぱいいっぱい頑張っていますね。凄いですね。
病気の事もありますが、まず口から栄養が取れないと、体力が落ちてしまうので、なんでもよいから食べて、元気になってね。少しずつ食欲も戻ってきたなんて、本当にすごい!レモンちゃん、頑張ってね。
ガリガリになった身体を見ていると、切ないですよね。。それでもそばにいてくれる間は、できるだけ一緒にいて、たくさんお話ししてあげてくださいね。
穏やかな時間が続きます様、祈っております。
by dori-9dachs | 2018-10-22 13:38 | シャルル | Trackback | Comments(10)

下半身麻痺のシャルルを支えるダックス達とその家族  タイトルは以前、雑誌記者から頂いたお言葉です


by dori-9dachs
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31